08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シラブル聞き取り方法1

●シラブルの聞き取りについて今感じたことを記録に残す。


思い浮かんだ順に書くので整理はしません。

いつもBBC(GlobalNews, WNC:kids News), ABC World Newsの複数回分のポッドキャストをWalkmanに入れて繰り返し聞いている。
英語喉以前に比べて聞き取れるがまだまだといったレベルでシラブルの聞き取りに課題を感じていた。
そこで機関銃英語が聞き取れるを再度開いて学習した。

その結果、1日で確実にリスニングが伸びました。

WNC:Kids News(-Could blogging be on the way out?)は4分の長さで繰り返し何十回も聴き、
80%くらい聞き取れていると感じていました。

それが一日で常に聞き逃していた部分が聞き取れ98%くらいは聞き取れました。

(これを維持できるかは全くもって不明)
Kids用なのでまず内容はそれほど難しくないです、何度も効いているので内容はほぼ分かっている、
でも何度聴いても聞き取れない部分がありました。
その部分がさっと聞き取れました。 何が効いたかという分析はそのうち書くとして、私のこれまでのリスニングの伸びに関して、なぜそこに行き着いたのかをとりとめなく記録しておく。


時間は前後します、単なる感動を残すメモなので・・・


◆英語喉でリスニングは伸びたか?

⇒Yes、特に学習初期の時期に感じた。
初めてネイティブの英語に喉を感じたときのこと。
  ある日急激にリスニング能力が伸びたのかすごく英語の音が頭に入ってきた、非常に感激した。

しかしすぐその後また聞こえなくなったと感じた。
慣れたので同じように聞こえているが感動が薄れたのでそう感じるのだとこの10ヶ月間くらい思ってきた。
今は違うと思う、あの日の方がきっと聞き取れていたと思うようになってきた、喉発音はその後格段に上達していくのだがあの日の方が聞き取れていたかも。

確信ではなくただそう感じた。 この10ヶ月相当英語に時間を掛けているので複合的な要因でリスニングはもちろん向上しているのですが、音を捕らえる素の力に関しては伸びてないかも。

そこで機関銃英語の復習をしようということにつながる。

◆相変わらずR、L、 B、Vの聞き分けできない

 単独で聴いたときにどちらの音か分からない。
 R,Lを聞き分けるのは
   音の違い と   喉の深さから見分ける 
 を手がかりとするしかない。  

比較では違いがはっきり分かるが、単独で出てくる場面だとわからない。

喉の深さは相対的なものだ、LはRに比べて浅い。相対的なのだからどちらか一方のみを聞いたときにどちらか聞き分けることはできない。
そもそもネイティブによって全体的に喉の深さが異なる。


どうしたらよいの?

 ⇒とりあえず基礎に戻ってシラブルでも感じてみるか

 ⇒機関銃英語復習へ




スポンサーサイト

comment

Secret

英語書籍

プロフィール

ryogon

Author:ryogon
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。