08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語喉アドバイス

英語喉著者の上川さん(KAZさん)よりアドバイスを頂けました!

本当にありがとうございます!! > KAZさん

下記がアドバイス頂いた内容です。

=====================================

RYOGONさんの音声に対するコメント

Filed under: ? NipponDream @ 2:12 pm

RYOGONさん(http://language-study.blog.so-net.ne.jp/

弁当BOXのほうは、アクビエリアに到達しているけれども、口発音30%、喉(アクビエリア)70%という感じです。問題なしに通じる英語になっていますが、せっかくなので極めましょう!

音声によるコメントはこちら。

http://www.estat.us/blog/ryogon.wav

カラオケIN JAPANのほうは、うーん、口発音の度合いがきつくなりすぎています。これは、ネイティブが聞くと分かりにくいと思います。

http://www.estat.us/blog/kara.wav

喉の奥(首の根元)を豊かに響かせる練習をしてみてください。子音の発音のさいに、舌ブレーキや喉ブレーキがかからないように。かかると、喉のフタがしまってしまい、喉を響かせることができません。

練習用の音声をとってみましたので参考にしてください。機関銃英語101ページより。「日本のカラオケ」

http://www.estat.us/blog/karaoke.wav

それから、もし時間がありましたらZENさんの1連の音声UPを聞いて、やる気をだしてみてください。ここまで来れるんだ!と実感できます。

http://estat.us/wordpress/?p=534

それでは、また!

?==================================================

カラオケの方は練習していないのでメタメタです。(スタート時点の意味で録音しました)

こんな貴重なアドバイスが頂けたので早速"Bento Box"に反映させて、その後に他の文章でもきっちり喉発音できるようにがんばります。

Bento Boxで頂いたアドバイスをまとめると下記になります。

( ◆が認識はあったがうまく言えてなかった項目、●は私自身がまったく気づいていなかった項目)

    ●口が30%、あくびエリア70%となっている ⇒ もっと全体的に喉発音へ移行する必要あり、あくびエリア+ゲップエリア

   <音声内での指摘頂いた内容>

     ◆Boxの”O”がオになっている、アに修正する

     ●Lunchの”u”がLに釣られて浅くなっている

?    ●"That has"急がない、きっちり発音する

     ◆"The most"のtheを継続する音にする

????? ? ◆"fish"のiの部分がフィッシュになっている、iを喉発音する

??????? ●”Some kids”を喉を開けたままゆったりと発音する

??????? ●”for lunch”のforが上の方になってしまってる、もっと首の根元で!

? ? ? ? ●”people love them”のloveの部分で、Lの発音のときに首の根元が絞まっている(LかRか分からない弊害となる)

? ? ? ? ●”Some busy people”のbusyが喉で言えてない

? ? ? ? ●convenientのVがBになってしまっている

? ? ? ? ●Before、首の根元で!

? ? ? ? ●”taking at train trip”のTが口発音になっている、"trip"を1シラブルで言えるようにする (Tが口発音になっているので t・rip になってしまっている)

 

ZENさんの発音、すばらしいです。(^_^)? 上記点をひとつひとつ改善していきます!

 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト

comment

Secret

英語書籍

プロフィール

ryogon

Author:ryogon
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。