08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語喉 学習開始

2009年の10/13に本屋さんで「英語喉」に出会いました。 これまである程度英語の発音を学んだこともあったし、本屋さんでいろいろ発音関連の本を手に取ってみてもどれも口の形と舌の動きを解説する従来の学習書ばかりで購入する気は起きませんでした。  たまたま手に取った英語喉ですが、あまりピンとくるものはなかったのですが、もう家に帰ろうとしていたので詳しく中もみることなく購入しました。喉での発音は強調されており他の本とは違っていたので何か少しでもプラスになることが書いてあることを期待はしました。 著者の述べているゲップエリア、アクビエリアというのも読んですぐ理解できました。 (ただし、説明がそれほど分かりやすいという訳ではないので発音をこれまで練習したことない人には分からないかもしれないです。) もうずいぶん前ですがジングルズに習いに行ったこともあります、そこではスコア86からスタートして88で止めました。 ジングルズではスコア90をネーティブレベルとしています。ネーティブでも完璧ではないと意味で100ではないようです。ネイティブのアナウンサーとか特別な訓練を受けた人は90以上という話でした。 スコア88はドイツ人レベルという位置づけになっていました。ただし、それは決められた特定の文章を読み、舌・口の筋肉の発達、使い方で判定しているので決してドイツ人同等に発音できるというわけではありませんでした。ただし、個々の子音、母音は意識すれば全て発音できるようになりました。Rの発音は体験でジングルズに行ったその日にできるようになりました。この時の体験からやり方が分かればその場で一瞬にして正しい発音が出来ることを学びました。 ジングルズで個々の音を出す(特に子音)為に口周りの筋肉を鍛えました、それで確かに英語の響きが出せました。英語を聞けば舌で英語を感じることが出来ました。ただしそれは映画の中での決め台詞など魂のこもった非常に強調した感じで話されているときだけでした。それもそのはず、私は発音記号を調べれはその単語は多少それっぽく発音できましたが、文章になると全くだったからです。 ここでまたジングルズの説明になってしまいますが、ジングルズは課題文を思いっきり口回りの筋肉を使って音読します。なぜなら筋肉の強化を目的だからです。課題文では筋肉を鍛え、通常の会話では普通に話すという決まりでした。理屈としては筋力が鍛えられていれば普通に話しても特に意識することなく子音がちゃんと強く発音されるから問題ないということでした。(もちろん母音に関しても教えて貰えますよ) 上記に書いたとおり、ある一定の上達はありました。でも文章が全くネーティブっぽく読めないんです。もごもご行っている英語が聞き取れないんです。ジングルスで文章での発音の指導もありました、リエゾンも練習しました、でもうまく出来ませんでした。個々の音を出すことに関しては教授法がしっかりしていましたが文章の場合にはそれほどしっかりした教授法が確立されていないと感じました。少なくとも私には伝わらなかった。 ここでやっと本題の英語喉に戻ります。 そうした体験から正しい方法であれば発音はすぐに変えられるということは分かっていました。英語喉を読んでこれだと思いました。喉で発音はすぐに出来ました。息を吸いながら声をだすこともできました。Rの発音が元々出来ていたので喉で発音という概念がすぐに理解できたからです。(Rを出すのに舌の動きは無関係だと分かっていました、多少つられて自然と舌は動きましたがけっして巻き舌になどすることはありませんでした。) 喉で発音することで非常に文章を読みやすくなりました。口がリラックスしているからです。これまではガチガチに口、舌に力が入っていたためスムーズに文を読めなかったのです。喉から息を出したまま、口をリラックスした状態で動かすことでリエゾンなどもずいぶん自然になりました。 がっつり練習して3日目くらいにこれまでになく英語が非常に聞き取れる感じがしました。英語喉ありがとう!と思いました。これは喉で発音することで正しく早く文章を読めるようになった効果かな?と思いました。 しかし、その2日後にその魔法は解けました。 あのときはあんなに聞き取れるような気がしたのに、聞き取り能力が元に戻ったように感じました。 なぜかは分かりません、慣れてしまって感動が無くなったのか、発音練習直後のみ聞き取り能力がUPしていたのかは今も分かりません。 英語喉は   「喉で発音するということ」 と 「シラブルの理解と3ビートを感じる」 ことが2本の大きな柱です。 発音もリスニングも改善が見られましたが問題があります。私は3ビートを感じないのです。 ABCニュースなどのアナウンサーを聞くときは3ビートは分かります、ただしネーティブの普通の会話や映画の中での普通の自然な会話には3ビートを感じないのです。 これが私の残された課題となっています。ニュースでは語彙も難しいものもあるし、内容になじみのないものも多いので意味は分からない箇所が多いですが、音としてはほぼ聞き取れいます。映画の会話は音としてもまったく捕らえられていないです。3ビートがもっと身に付けばもっとリスニングが伸びるのでは期待しています。 同じ著者の「機関銃英語が聞き取れる」も購入しました。 こちらは私にとって有益だったものは限定的でした。それでもS、TH、Vの発音は参考になりました。 どれも音としてはちゃんと出せていましたが喉で発音することでスムーズに発音しやすくなりました。 なんでもモノを学ぶにはお金がかかります。学生ではなく大人ではなおさらです。 お金より時間が大切です。2400円程度のお金で何かすこしでも得るものあれば買いでしょう。  「英語喉」              : ¥2400  「機関銃英語が聞き取れる!」 : ¥1500 まずは英語喉の課題文Bento Boxの音声をUpします。 英語喉の練習前です、1回目の音読です。発音以前に読み間違ってます・・・(汗) Memo 2009.10.14 06_58_23.mp3 順にその後の音声もUPします。 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

Secret

英語書籍

プロフィール

ryogon

Author:ryogon
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。