05
1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LとR聞き取り

久しぶりにLとRの聞き取り(単語レベル)をやってみた。 進歩はなし、むしろ後退しているような気もする。 Lの単語とRの単語の両方を聞くと、どっちがどっちかはほぼ100%分かる。 しかし、単独でどちらかを聞いた場合には判別がつかない、特別強調して発音されていれば分かるが自然な発音であればかなりの確率で間違える。 BとVも同様だ。違いが小さいので自然な発音であれば聞き分けられない。 相対的にしか違いが分からない。 昔からRとLの発音は単語レベルであればしっかり違いを出して発音できていた。 発音ができれば聞き取れるというが、嘘だと思う。完全な否定はしないがそんな単純なことではないのだと思う。 いったいどこまで英語の音をきっちり捉えられるようになれば良いのであろう? 日本語でも、意味不明に近い言葉であれば「あれ!今何て言った?」ということはよくある。100%聞き取れるということはありえない。
スポンサーサイト

Bento Box音声 2010/05/15 AM

音声記録 2010/05/15 AM とりあえず現時点の記録 (take1) Memo 2010.05.15 07_54_16.mp3 Bento Love? Memo 2010.05.15 07_55_36.mp3 (メモ) ここ数ヶ月特に発音練習はなし。 今後もしばらくはなし、リスニング、処理能力、表現力、読解力のUP優先。

「1冊10分で読める速読術」

最近下記速読の本を購入 「1冊10分で読める速読術」
「1冊10分」で読める速読術 (知的生きかた文庫)

「1冊10分」で読める速読術 (知的生きかた文庫)

  • 作者: 佐々木 豊文
  • 出版社/メーカー: 三笠書房
  • 発売日: 2010/03/20
  • メディア: 文庫
<私の思うキーワードは> ・まずは2000字/分が最初の目標 ・最終的には1万字/分が目標 ・日本人の平均的な読書スピードは500〜700/分 ・プロの話し手は2000字/分程度で朗読できる、そして我々はそれを理解できる。 ・速読術の中に飛ばし読みのスキルもあるが、上記の字数はすべてちゃんと読んだ場合の速度で全部ちゃんと読むのが基本 ・フォトリーディングに関してはこの本には記述なし 2000字/分の朗読を理解できることから、目を鍛えるだけで2000字/分は超えられる。 それ以上は脳のトレーニングが必要。 まずはきっちり読みで2000字を超えたい。目でサーと読むのであれば、英語学習方法的な本はよく立ち読みするが2000字は軽く超えたスピードで読んでると思う。 以前、雑誌SPAでの特集でもあったが、昨日のタモリの番組「エキカの力」でも同じ速読のトレーナーが出演していた。(呉さん?) 内容的には同じで速読トレーニングをするだけでバッティングセンターで150kmの球が打てるといった内容であった。SPAでもTVでも全員が150kmに当てること出来た。 ◆速読の比較をしているサイト http://surasura.net/hoge/2tokuchou/index.html ◆速読関連の検索をしていて気になったもの  ・ヘミシンク   https://www.qle.co.jp/cdbralist.htm  ・聴脳エクササイズvol.1   http://www.sk-sound.jp/cd.html#sample

英語書籍

プロフィール

ryogon

Author:ryogon
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。