12
2
3
4
6
7
9
10
11
13
14
15
16
18
19
20
21
22
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマス2009 Bento Box音声

◆X'masイブ^2のBento Box音声  <ポイント>   ・自然に読む   ・何も考えずに読む(体が覚えているままに読む)   ・Takeは1回のみ(録音取り直しなし) Memo 2009.12.24 03_48_14.mp3 多少安定感が増してきたと感じる。喉でのいろいろな文章の音読の効果?
スポンサーサイト

シラブルのトレーニング

ここ2週間ほど毎日「英語喉」巻末のドリルを一回は少なくとも音読することにしている。 本にはすでに書き込みをしていてひと目でシラブルの数が分かるようにしている。 たとえば、P237の上から2つ目の文章では シラブル091223.jpg といった風に文章の上に●を付けている、これだと正しいシラブル数で音読がし易いと考えて実行しています。 同時に基本的な単語のシラブルをきっちり覚えようと思っています。 英英辞書ですぐシラブルは確認できます。 difficult.jpg ただ単語一つずつより文章を音読した方が効率良さそうなので、英文に初めからシラブルが記入しているもの(上記の用に●印がつけてあるとかスラッシュで区切ってあるとか)があれば便利と思い、ネットで検索してみましたが見つけられませんでした。 どなたか情報お持ちの方、教えていただけると助かります。 広いネットの社会、どこかにあってもよさそうなもんです。 他の英語喉実践者の方はどうやって個々の単語のシラブルを正しくマスターしていっているのでしょうかね〜?耳で自然に覚えるでもいいんですけど基本的な単語くらいは意識的に一気に覚えた方が良いのかと思っています。

自己分析

上川先生から自身のブログでコメント頂けてました。 http://estat.us/wordpress/?p=666 「RYOGONさん、UPされたものを聞きました。はっきり言って、かなりよいと思いました。 細かいところの指摘がありますが、どこでしょうか?自分で分かる部分の分析をお願いします。」 良いと言ってもらえると嬉しいです。 自分でいろいろ分析してみました。 ”感じた”、”思えた”が多く、科学的ではないので私自身はエンジニアとしてこの分析どうなの?と思うのですが、正直に今感じていることをそのまま書いてみました。 分析?: 自分の音声を聞きなおしてもそのときによって受ける印象が異なる(耳が不安定?)       12/12にUpした始めの音声「Memo 2009.12.12 14_57_45.mp3」、今日聞きなおすと力が抜けていて自然な感じが良いと感じた。録音した日はtypicalの"i"とfishの"i"がイに近くなってしまっていたのが非常に気になって全体的にそれほど良い印象はなかった。 分析?: 12/12にUpした後の方の音声「Memo 2009.12.12 18_12_21.mp3」 こちらはリズムは良くないが響きが良い、ルート音がこれまでより大きめに出ているのではと感じている。このとき、2つの声が同時に出ているような感覚がしました。 分析?: 上記の2つの声が同時に出ているような感じで声を出すには、        まず、ゲップエリアで日本語の歌を歌う、そのとき歌詞の語尾を伸ばすときは自然とビブラートになった。このあと、Bento Boxの録音をするとイイ感じ。        これをビブラートと呼べるかは怪しいが下記の感じで響かせる Memo 2009.12.17 00_58_42.mp3 分析?: 上記?をするとなぜ良いかの考察       英語だと心理的に浅くなってはいけないという心理的なものから、下へ押し下げる感じになる、日本語であればそういったものから開放される、浅くてもゲップエリアが少し使えてればOK的な心理状態でした。そのとき喉がリラックスして良く喉が開いている気がします。また歌を歌うことで自然と吐く息の量も大きくなりそのことも良い影響を与えていそうです。 分析?: まだまだ発音が不安定、毎回多少違った感じになる、下記は響き(=ルート音?)重視だが毎回同じようにはいえない      ・Take1 Memo 2009.12.17 00_46_18_TAKE1.mp3      ・Take2 Memo 2009.12.17 00_59_38_TAKE2.mp3      ・Take3 Memo 2009.12.17 02_16_49_TAKE3.mp3

Bento Box音声 2ヶ月 (その2)

今日、2ヶ月目音声をUpしたが、やっぱりちょっと浅すぎるし、口発音の部分が多いので差し替えで下記を2ヶ月音声データとして記録 Memo 2009.12.12 18_12_21.mp3 ダッタン人の踊りを歌ってなんか声の出がよい直後に録音、こちらのほうが2つ目の文以降で喉の響きが強く出ているように思う。

Bento Box音声 2ヶ月

◆最近感じるところは、うがいの位置が深くなったことだ。 「機関銃英語が聴き取れる!」P82に、アメリカ人は首の中間くらいの深さまでうがいをするという話が書いてある。喉発音トレーニングを開始して間もない時期にやってみました、できました、ただ意識を集中してやらないとゴクっと飲んでしまいました。それから特にうがいの練習などはしませんが、今では自然とうがいをすると首の中間の深さまで水が来ている。このことから以前より喉が開いていると感じた。 喉が開いているとインフルエンザに感染しやすい? でも首の中間までうがい出来ているのでプラスマイナスゼロか? ◆音楽を聴いても 喉/口 が気になる。 下記は先日「歌スタ」というオーディション番組でカバーしている人がいて初めて知った曲 藤澤ノリマサ ダッタン人の踊り http://www.youtube.com/watch?v=4a3TOFesfqk ◆Bento Box音声 2ヶ月目の音声を記録として残します 喉を大きく開き豊かな喉の響きの実践を継続中。岩村圭南先生と同じ程度の声の高さで話せるように練習中です。今回も細かいところは気にしていないのでところどころ口発音ぽい、今の何も意識しない状態で話すよりは喉は浅い位置になっている。 Memo 2009.12.12 14_57_45.mp3

国産ネイティブ認定

英語喉著者の上川先生に国産ネイティブの認定頂きました。[手(チョキ)] http://estat.us/wordpress/?p=658 ありがとうございます。[わーい(嬉しい顔)] 下記が上川先生から頂いたコメントとアドバイスです。 ===========上川先生アドバイス================== December 6, 2009 国産ネイティブ圏内に達しました RYOGONさんを再度紹介します Filed under: 国産ネイティブ ? NipponDream @ 1:18 pm RYOGONさんが、私の感覚で国産ネイティブの域に達しましたのでご報告します。再度紹介、、、なんか再逮捕みたいですが、、、(笑)。 http://language-study.blog.so-net.ne.jp/archive/c2300790460-1 先日、三羽先生と、国産ネイティブって?ってみたいな話をしかけましたが、私の感じでは以下のような感じです。 例えば、RYOGONさんのこの音声を、まったく脈絡もなく、何の説明も加えずに、ネイティブに突然聞かしたとすると、「で?」とか、「ふーん、弁当っておいしそうだね?」というような感じの感想がありそうだったら、国産ネイティブということです。逆に、「この人はなまってるなあ」とか、「日本人かな?」という感じで、内容よりも、英語のナマリに気がとられたような感想がありそうだったら、まだ圏内に達しているとはいえません。 その条件としては、3ビートがスムーズであること、喉発音、少なくとも、ゲップエリア*付近*が定位置になっていることです。 国産ネイティブとなれば、喉の旅が始まりますが、喉の旅というのは、実際にネイティブの友人ができたり(日本人の友達と同じ感覚で)、その過程で発音を微調整していけばよいというかんじです。 RYOGONさんの英語には、まだ浅めになってしまう部分がありますが、この問題は、実践を通じて直していくということがよいでしょう。例えばですが、うるさめの喫茶店で口発音ぎみになることがあるならば、ネイティブの眉間にしわがよります。そういう実体験を通じて、「おっと、喉発音にしなきゃ」というかんじで修正していきます。以下の音声でいいましたが、実際の会話では、次はアクビエリアだ、次はゲップエリアだなんて考えて発音できるはずがありませんから、首の根元を定位置とすることで、対応します。 音声でコメント www.estat.us/blog/ryogonsan.wav おめでとうございました! =======================================- <この上までが上川先生のコメントです、下記は返信で書いた私のコメントです。> ******************************************************************** ありがとうございます!! 英語喉でのトレーニングを始めて二ヶ月たらずでここまで上達できたことを嬉しく思います。 途中まったく停滞がなかったわけではないですが、上川先生のアドバイスのおかげでぐんぐん成長が感じられたので楽しくトレーニングできました。 とはいってもまだまだなところがあると感じているので、喉でいろんな文章を音読してさらなるゲップエリアの定位置化を目指します。同時に3ビートのトレーニングでのリスニング力Upをがんばります。 今日、職場の近くの本屋さんに行く用事があり、語学書コーナーを通りかかりました。 「英語喉 50のメソッド」が書棚に1冊、多くの語学書にまぎれていましたが、私には赤く後光(?)が射して見えました^_^ この一冊を手にして英語力を激変させる幸運な人は誰なんだろう・・・という思いで本屋さんを後にしました。 ****************************************************************************** このブログにたどり着いている人はもうすでに英語喉をお持ちだとは思いますが、改めていまさら言います。 「英語喉 50のメソッド」は買いですよ!!!「機関銃英語が聴き取れる!」も同時に買いましょう〜!喉実践者であれば皆、「もっと早くこの本に出遭えていれば・・・」という思いをお持ちのはずです。(^ ^;

12/5 途中経過

喉を大きく開き豊かな喉の響きを実践しようと迷走中〜 正午からトレーニングして今日は終了。 音を変える、響きを変える取り組みの途中だが、途中経過の記録として音声を残します。 Memo 2009.12.05 15_21_48.mp3 前回の音声に比べると喉の全体的な位置はかなり浅いと感じる、喉はそれなりに開いていると思う。ただやはり浅いかな〜? 喉で音を出している感じはあるがまだ弱いとも感じる。 文頭にHi! Hellowを付けたのは喉を開きやすくするためになんとなく。

喉迷子

上川先生よりブログでアドバイスいただけました♪ http://estat.us/wordpress/?p=651 下記がアドバイス頂いた内容です。 ===========<上川先生アドバイス>=============================== November 30, 2009 RYOGONさん 国産ネイティブ宣言までもう1回ぐらいかな Filed under: 喉 ? NipponDream @ 2:47 pm http://language-study.blog.so-net.ne.jp/2009-12-01 RYOGONさん、かなりゲップエリアが開拓されています。二つだけ、 1.ちょっと声が恐い。でも練習用ですからいいですが、近く迫った国産ネイティブ宣言用には恐すぎるかも、、、(汗)。 2.微妙にしわがれ声な気がする(もしかしたら、まだ上から下へ押し付けているのかも、、、ゲップエリアは使えているけれども、、、。) この先生の声を目指してみてみませんか?岩村圭南先生の声です。右のほうで気合注入というところ、圭南先生の日本語が聞けます。あえて日本語を聞いてもらいますが、このような感じの声に男性ならなるかんじです。直接指導させてもらっているとき。 http://www.nhk-book.co.jp/gogaku/lets/ 私自身が見本を  www.estat.us/blog/keinanvoice.wav あ、あと息をしっかり吸うことですが、吸った息はつかわんといかんですよ(これ言い忘れたので補足)。吸っても、半分ぐらいしか使わないということではもったいない。 MIXIで出光さんが、すいこんで、吐き出す瞬間ぐらいから喋りだすとうまくいくとおっしゃったことがありますが、喉を閉めないきっかけになるのかな。 ===============<ここまで>============================== この上までが上川先生からのアドバイスで、下記が私の書いた返信のコメントですが、読んで頂ければわかるかと思いますが、一言で言うと練習すればするほどなんだかよく分からなくなってきましたぁー ^^;  ********************************************************************************* アドバイスありがとうございます! ここ数日のどを閉めない練習をしています。 岩村先生のまね(日本語)は、決して似ているわけではないけれど喉を閉めずに言えました。 且つ同時に私の前回のBentoBox音声を聞いて喉の経路が広く開いていないことも実感できました。喉が開いていないのでしっかりと息を吐き出せていないと感じました。 ただし、そこからが行き詰っています。 前回のBentoBox音声のゲップエリア位置ではこれ以上喉の経路を広く開けないことに気づきました。 そこでそこまで首の底でなくても良いかなと思い、少し浅い位置で発声すれば喉は開きました。ただしそうすると浅くなることで口発音ぽくなってきました。完全に喉を開く+完全なる喉発音 が出来ず、どの喉に位置で発声すれば良いか練習すればするほどよく分からなくなってきました。(喉迷子?)  自分なりの分析では、ゲップエリアの定位置化が不十分かと考えています。先生の指摘どおり「上から下へ押し付けている」感じがあり、無理やりのゲップエリア発音なところがあるので少し喉の位置が浅くなるだけで苦手な箇所が口発音ぽくなるのではないかと考えています。それと自分の音声を聞いて、「問題ない範囲」なのか「口発音がまじっている」のかの判定がまだしっかりつかないところが難しいところです。 何か進展があったと感じられるところで音声をUpしますのでまたアドバイスよろしくお願いします♪ *****************************************************************************

Bento Box音声 1ヶ月半

Bento Box音声をUPします。

忙しかったのでそれほどトレーニングはしませんでしたが、毎日お風呂で首の底でいろいろ音を出しているうちにかなり楽にゲップエリアの声がでるようになってきたように感じる。

Memo 2009.11.30 23_58_25.mp3

 ・喉は以前よりリラックスできているように思う

 ・自身の楽な喉の位置で発声しているので、自然と浅い位置に浮き上がってきていないかが不安点

  (もっと喉の深くで音は出せるがつらいので、問題なければ今くらいの位置をゲップエリアの定位置としたい)

 ・英語のリズムはまだない。(英語の早くなったり遅くなったりする感じがない) 

  3ビートの習得がまだまだということでしょうか?

 

英語書籍

プロフィール

ryogon

Author:ryogon
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。