11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
16
21
24
26
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲップエリア到達

前回の音声に関して、英語喉著者の上川先生より自身のブログでアドバイスが頂けました。

前より良くなったと言って頂けました〜、ワーイ!^_^;

?http://estat.us/wordpress/?p=647

 

ここに来て大きく進展があったと実感しています。

下記は先生のブログに返信として書き込んだ私のコメントです。

?**********************************************************

アドバイスありがとうございます。やっと本当のゲップエリアが分かってきた感じです!!
喉発音のトレーニング開始時に喉のこの位置で声を出そうとしてかすれて声が出なかったので勝手にゲップエリアはここではないだろうという間違った判断をしておりました。ホントのゲップエリアは私にとって思っていた位置より低かったという結論です。

昨日、エミネムの「Lose yourself」を聴いたのですが、曲の冒頭部分でこの人(エミネム)喉で歌ってる!!って初めて思いました。これまで何度も聴いていたのに以前は何も感じませんでした。
喉発音トレーニング開始以降、リスニング力がついてきたと感じていましたが、ここでさらにリスニング力が伸びた感があります。ただし、ただし英語のリスニングすべてで喉発音を感じるわけではなく、特別喉の深いところから音が出ている場合に喉発音を感じます。まだ本当の意味で喉の響きがつかめているわけではなさそうです。

>(1)
> もしかして、ゲップエリアでも前のほうだけを使われている可能性はありませんか?首を断面図としてとらえ、その全体、つまり首の「底」を使うようにしてみてください

 ⇒ビンゴです。さすが上川先生です〜!鏡で喉仏の位置を確認しながら声を出していたので自然と意識が首前面に来ておりました。喉の底を意識して息のスムーズさは多少改善されました。
 ただし、まだ声は低いままです。喉の底でいろんな音を出すことで何かつかめないかと考えています。

(2)に関しては少し息のスムーズさに改善が見られるので息が切れないことに注意して練習進めていきます。
(3)喉でエコー、すごいですね。機会があったら試してみようかと思いました。

スポンサーサイト

声質変わった?

前回の記事「ゲップエリアは二重底?」で new u_を発見(?)しました。

このnew u_ はかなり限界まで下げているのでそれで発音すると声がかすれていました。それより少し上の位置になるかと思いますが声の出るところで「Bento Box」再チャレンジしました。

今回は声質を変えることにのみ注力していて、それ以外には気がいっていないので個々の発音は前回より悪いかもしれません。

Bento Box (11/25)

Memo 2009.11.25 00_59_48.mp3

ゲップエリアは二重底?

?11/23に書いた”HIROさん”情報による「Aとu_を交互に繰り返し」 の音声に関して上川先生からアドバイス頂けました。

http://estat.us/wordpress/?p=644

?音声アドバイスの中で「あと5mm下げると良い」と仰ってたので下げてみました。⇒で、下がりました。さらに一つ下に底がありました。

動画をUpします。

old u_ : 今までゲップエリアだと思っていたところ

new u_ : こちらが真のゲップエリア??

発音している順番は A ⇒ old u_ ⇒ A⇒ old u_⇒ A⇒ old u_ ⇒ new u_

DSCF1452.AVI

スミマセン、かみそり負けは気にしないでください[ふらふら] 目立たないように撮影したら暗くて写らなかったので・・、ええい!そのままUpします。

喉の開き方

「英語喉」著者のKAZさん(上川先生)のブログ内に下記の内容を見つけた。 http://estat.us/wordpress/?p=64

****************************************************

December 10, 2007

(HIROさんの投稿コメント)>喉を読んだあとでもu__とAの違いが微妙でした。でもこの前ネイティブに「Aはのどを開くんだよ」というアドバイスを聞いてからくっきり区別できるようになりました。
?
アクビエリアの発音は喉の上半分を軽く開く。逆に、ゲップエリアは喉の上半分が開いてしまわないように下のほうだけで音を出す事に気をつける。これを意識するとできるようになりました。

*********************************************************

HIROさん情報をやってみた。Aとu_を交互に繰り返しています。

?Memo 2009.11.23 16_44_41.mp3

たぶんちゃんとアクビエリアとゲップエリアを行き来できているはず(?)、というかそう信じたい (^^;

早く喉発音を定着させたいと思う。今はゲップエリア=低い声となっていて、正直いまの低い声で長く話すのはつらい、喉発音がしっかりできるようになれば、必ずしもゲップエリアは低音である必要なないのでもっと楽になるのでは・・?

私ごときが・・・

平日は自由となる時間が少ない、休日にどうしても英語に時間を割くことになる、妻には不評だ。

ただ、英語喉との出会いがあり、トレーニングが楽しい今この時期に集中してやることが必要な気がしている。

 

◆他の英語喉実践者(国産ネイティブさん)達の音声(実践前、実践後)を多数聞いてみた。

  Bento Boxには時間掛けているので、聴いて多少はどこが良くてどこが悪いかがある程度分かってきた。[ひらめき]私が修正必要としている箇所は他の実践者さんも初期ではうまく発音できていないことが多い。もし、自分で自分の音声の分析を完璧に出来る日が来れば、発音は修正されネイティブレベルに近づくことが可能かもしれない〜。[グッド(上向き矢印)]

 

「機関銃英語〜」の復習

「機関銃英語が聴き取れる!」の復習をした。

?母音の違い I , i? (sheep, ship)

子音の違い L, R (RED, LED) 

など基本的に単語単体でしゃべってくれれば聞き分けできる。文章中では読まれる速度にもよりますがネイティブの普通の速度なら難しい。

 

ただし、単語単体で発声されてもBとVの聞き分けが苦手だ。(第11章P74-77)

どちらもアクビエリアで違いが他に比べると小さく感じる。

    Bの後にVが来るときは違いがあることはっきり分かる。(BAN→VAN)

?でも Vの後にBが来るときは違いが微妙だ。(VAN→BAN)

? <p76のTrack36>

???? 1. BAN VAN VAN BAN

???? 2.BERRY VERY VERY BERRY

???? 3. BEND VEND VEND BEND

つまり1〜3とも4番目の単語がVなのかBなのか私にとって微妙だ。連続して発せられるリズムに気を取られている?なぜ?

 

上記の話は正しい喉発音の場合の話です。従来の発音教本にある口の中での極端な音であればBとVはまったく異なります。そんなBとVを聞き分けられても意味無いですが、だって両方正しくないのだから。

英語喉開始から5週間

記録用にBento Box音声を残します。

KAZさんからもらったアドバイス内容はどれも自分の音声を聞きなおしてみて納得のいくものでした。ある程度修正できたもの出来ないものあり、「口が30%、あくびエリア70%となっている」に対してはどうすれば音の響きが変わるかを模索中、この部分は時間がかかりそう。

Memo 2009.11.22 15_12_34.mp3

 

秘密基地

 

少し前に仕事から帰ってきて今日は発音がんばる気なし、

You−Tubeでいろいろ聴いていて久しぶりに下記の曲を聴いた。

高田梢枝 - 秘密基地

http://www.youtube.com/watch?v=-020RLHDy34&feature=related

せっかくなので聴きながら喉で口ずさんだ。

英語喉アドバイス

英語喉著者の上川さん(KAZさん)よりアドバイスを頂けました!

本当にありがとうございます!! > KAZさん

下記がアドバイス頂いた内容です。

=====================================

RYOGONさんの音声に対するコメント

Filed under: ? NipponDream @ 2:12 pm

RYOGONさん(http://language-study.blog.so-net.ne.jp/

弁当BOXのほうは、アクビエリアに到達しているけれども、口発音30%、喉(アクビエリア)70%という感じです。問題なしに通じる英語になっていますが、せっかくなので極めましょう!

音声によるコメントはこちら。

http://www.estat.us/blog/ryogon.wav

カラオケIN JAPANのほうは、うーん、口発音の度合いがきつくなりすぎています。これは、ネイティブが聞くと分かりにくいと思います。

http://www.estat.us/blog/kara.wav

喉の奥(首の根元)を豊かに響かせる練習をしてみてください。子音の発音のさいに、舌ブレーキや喉ブレーキがかからないように。かかると、喉のフタがしまってしまい、喉を響かせることができません。

練習用の音声をとってみましたので参考にしてください。機関銃英語101ページより。「日本のカラオケ」

http://www.estat.us/blog/karaoke.wav

それから、もし時間がありましたらZENさんの1連の音声UPを聞いて、やる気をだしてみてください。ここまで来れるんだ!と実感できます。

http://estat.us/wordpress/?p=534

それでは、また!

?==================================================

カラオケの方は練習していないのでメタメタです。(スタート時点の意味で録音しました)

こんな貴重なアドバイスが頂けたので早速"Bento Box"に反映させて、その後に他の文章でもきっちり喉発音できるようにがんばります。

Bento Boxで頂いたアドバイスをまとめると下記になります。

( ◆が認識はあったがうまく言えてなかった項目、●は私自身がまったく気づいていなかった項目)

    ●口が30%、あくびエリア70%となっている ⇒ もっと全体的に喉発音へ移行する必要あり、あくびエリア+ゲップエリア

   <音声内での指摘頂いた内容>

     ◆Boxの”O”がオになっている、アに修正する

     ●Lunchの”u”がLに釣られて浅くなっている

?    ●"That has"急がない、きっちり発音する

     ◆"The most"のtheを継続する音にする

????? ? ◆"fish"のiの部分がフィッシュになっている、iを喉発音する

??????? ●”Some kids”を喉を開けたままゆったりと発音する

??????? ●”for lunch”のforが上の方になってしまってる、もっと首の根元で!

? ? ? ? ●”people love them”のloveの部分で、Lの発音のときに首の根元が絞まっている(LかRか分からない弊害となる)

? ? ? ? ●”Some busy people”のbusyが喉で言えてない

? ? ? ? ●convenientのVがBになってしまっている

? ? ? ? ●Before、首の根元で!

? ? ? ? ●”taking at train trip”のTが口発音になっている、"trip"を1シラブルで言えるようにする (Tが口発音になっているので t・rip になってしまっている)

 

ZENさんの発音、すばらしいです。(^_^)? 上記点をひとつひとつ改善していきます!

 
 
 
 
 
 
 

Karaoke in japan

 

記録として音声残します。

「機関銃英語が聴き取れる!」 page101 [Karaoke in japan]録音日11/19

?Memo 2009.11.19 00_27_03.mp3

 ・特にCD聞いての練習はなし

 ・3回言ってみて、もっともましなものをUP

 ・喉が痛くない程度の低い声で

英語喉の著者 上川さんからコメントGET!?

 

英語喉著者の上川さんのブログのコメント欄に自己紹介したところ、

なんと・・・上川さんから音声に関してのコメントいただけそうです!!

http://www.estat.us/wordpress/

?でもどきどきものです、 心の準備をしてどんな厳しいコメントが来ようとも耐えられる平常心を養わねば!

 

話は変わって、

最近気づいたのは、Bento Boxの練習であまり低い声を出すと喉が少し痛いと感じた。低い声の方が英語っぽく聞こえたのでそうしていたのですが、低すぎる声のときは喉がしまっていることに気づいた。無理に低い声を出すのも良くないかもと思えてきた。低い声で欠点を誤魔化すのではなく、もっと自然な声(少しは低め)で練習しようかなぁ ^^

 

それにしてもAmazonのレビューが反映されない。2週間くらいかかるかもというメッセージが出ていたが、そうは言ってもすぐ反映されると内心思ってました。レビューでは、ホントは「英語喉は革命的」とかいった風に絶賛したかったのですが、それだと”参考になった”の比率が低くなりそうなのでちょっとトーンを落としました。(それ以前に無駄に長いレビューだったかも、もう少しうまく要約できた気もする・・・ )

Howdy Howdy その1

 

その昔、渋谷にあった「Howdy Howdy」に行ってた。

2000年〜2002年あたりの時期だ。ラフなシステムの学校だった。基本的にすべていい加減だった・・・

授業料は他の英会話学校よりずっと安かった、授業は受け放題だったので入り浸っているひとには非常にコストパフォーマンスが良かった。会話のクラスもあったが売りとしていたのは「映画クラス」だった。私も映画クラスに引かれて見学から入学にいたった。

映画クラスは映画や海外ドラマを教室のTVで再生し、その台詞をすべて解説するという授業だった。スクリプトが配られて社長の稲さんとネイティブ講師の2人一組で授業は行われた。一回の授業で進む範囲は映画は10分も進まなかった気がする。

もちろん、 映画を再生するに当たって何の許可も取ってません。お金取って授業で使って、しかもそれなりの人数のいるところでの再生なのでほとんど上映でした。おそるべし、Howdy Howdyでした。いまだにマネするところは出てこないです・・・

ある授業のときの私のメモです。(映画「American Beauty」)

映画なのでいろいろ日常で言わないきわどいせりふもあります。でもそんなのお構いなしにすべて解説します。どんなスラングでも解説されました。タブーはありませんでした。下のメモの最後方の行あたりがHowdyっぽいです。稲さんは子どもの使う表現(う〇こ、ち〇こ、お〇っこ)とかH用語を生徒にあてて日本語⇒英語翻訳させるのが大好きでした。女性でもバンバンあたりました。ほとんどセクハラでした・・・(笑)

「日常表現は言い方が決まっているんでだ、勝手に作文すると間違った文になる。正しい表現を覚えてください」が稲さんの口癖でした。今はどうしてることやら・・・

<American Beauty>
******* 00/11/18 ********************

憧れの目で見る。

I grazed at her.



にらむ

Don't glare at me like that.



じろじろ見るな!(ジーと見る)

Don't stare at me like that.



ひそかに見る

peer

peek

peep



Take a glance at

Let me have a peek.



I was embarrassed when I fell down.

That was totally embarrassing.



Sorry,about my dad.



jump your bones

〜に飛びかかる→Hする



phony

偽物っぽい(fake)

I faked his ID.



ちょっと鍛えたら格好良くなるかもね。

If he just worked out a little,he'd be hot.

運動不足

I'm out of shape.



Go outside and get some exercise.



in his underwear

下着姿



dick

cock

prick=crazy,あほ、



That's gross.気持ち悪るー(=disgusting)



話し声がキコエタ

I heard somebody.



See? でしょ?



strange

weird

bizarre(信じられない位変)



You know I don't like locked doors in my house,boy.



chain the door

unchain the door



I must've locked it by accident.

by accident=たまたま、偶然、うっかりして



今おしっこしたばかり。

I just took a whiz.

take a leak

take a whiz

take a waz



I need to take a leak.

I gotta go pee.

I gotta take a pee.

I gotta take a piss.



I suppose.だろうな。
?

 

英語喉 Bento Boxの録音

発音の練習には客観的に自分の発音を聞いてみることが大切だと思います。 でも録音は面倒なんです、前の私ならそう思ってました。 But、今は私 i-Phoneで快適に手軽に録音できるんです。 i-Phoneは電話なのでマイクが内臓されいますから。 その場で録音したものを簡単にきけますし、非常に便利です。  ↓ こんな感じです。 録音方法.jpg i-phoneを自宅の無線LAN環境につなげることでPCからデータをまとめて取りにいけます。 私の場合、このブログにUPするにはMP3である必要があるので、AIFF⇒MP3変換を iTunesでしています。 その部分が少し面倒っちゃ面倒です。 i-Phoneはおすすめです。会話をする電話としては超使いづらい、メールも打ちづらいですが、PodCastを聞く習慣で出来、英語を聞く時間が飛躍的に延びました。i-pod touchより良い点としては電話なので3G経由でどこでもダウンロードできます。(軽いファイルであれば) 音は悪いですよ。音楽聴くならもちろんWALK MANの方が良いです。 やっと記事数も増えてきて体裁だけでも普通のブログになってきました。 ブログ作成2日目にしてだいたい分かってきました。細かいところは分からないですが、意外とブログって簡単ですね。やっと世間の皆さんに追いついた(?)感じがします。

英語喉に出会うまで

英語喉に出会うまで、発音に関していろいろ模索がありました。 基礎的な発音が出来ないところからスタートし、学生時代には近所のネーティブに教えてもらったこともありますが、たいした上達はしませんでした。 それ以降、巽さんだったか何かそんな人の発音を買って練習したこともあります。口と舌のことばかり書いてあります。今思えばほとんど嘘が書いてあるも同然な気がします。そんな本で上達できるわけないのですから〜[もうやだ〜(悲しい顔)] それからUDA式の本とビデオ(VHS)を買いましたがビデオはほとんど見なかったです。もったいないー・・・[ふらふら] 本はすべて読みましたがピンと来ませんでした。当時は阿知波さんという方が管理されている「英語と闘うぺぇじ」というホームページを良く読んでいました。英語上級者の書き込みを見て英語学習のモチベーションを挙げていました。そこで絶賛されていたのがUDA式でした。UDAさんが本をだされたばかりの時期で管理人さんとUDAさんのやりとりがいろいろあったこと記憶しています。 その後は鶴見の駅前にあるジングルズ(JINGLES)に行きました。 体験の無料レッスンでMrウォーカーに指導してもらい、その場でRの発音ができるようになりました。 体験レッスンで効果があったので入会しました。行ったことある方は知っているかと思いますが授業料がとても高いです。しばらく行って一定の発音の効果はありました、でもそこで行き詰ってしまいました。個々の音は出せるがうまく文章としては発音できなかったのです。音読ですらうまく発音できないのですから、会話ではなおさら無理でした・・・、毎回毎回のレッスンで見える形でのアウトプットが出なかったのと授業料が高いことも ありレッスンを継続することなくやめることにしました。もう5年くらい前でしょうか? 次にハミングバードに見学に行ってみました。 ハミングバードは代々木と渋谷にあります。どちらも見学にいきました。対応された方の対応はどちらも良かったです。代々木と渋谷、これらは完全に別のスクールです。元の指導方法は同じですがやっている方が違い、兄弟校ですらないようでした(実際は良く分かりませんでした・・)、どちらもハミングバードを名乗っているのでややこしい話です。ジングルズよりは断然授業料が安かったので試しに通学してみようと思い、当時遊びに良くいっていた渋谷の方に行きました。徹底して口の形を練習するようなところでした、ビデオで撮影して客観的に自分の口がどうなっているかを見ながら発音練習しました。 これは大変だと思いました。すべての音の組み合わせを覚えてそれに対して口の形を無駄な動きをすることなく正しく動かす必要がありました。あまり上達は感じませんでした、ちょうど仕事が忙しくなりこのころから英語から遠ざかっていきました。そのままハミングバードはやめてしましました。 上記のジングルズやハミングバードに行っていたような時期はまじめに英語を勉強していました。 英語の会話学校にも行ってました。知る人ぞ知る渋谷に1校しかないあやしい学校「Howdy Howdy」です。 約3年間は行ってました。最後は社長の稲さんがお金を持ち逃げして学校は無くなりました〜・・・、 その話はまた別のときにでも。。。 人気ブログランキングへ

改めて「英語喉」とは

英語喉の本を持っている方を対象に書いていました。よって英語喉とは何かは書いていませんでした。 説明まではしませんが、一応リンクは張っておきたいと思います〜 ●英語喉 50のメソッド(CD付) (単行本(ソフトカバー)) 英語喉 50のメソッド(CD付) ●機関銃英語が聴き取れる!-リスニングの鍵はシラブルとビート- (単行本(ソフトカバー)) 機関銃英語が聴き取れる!-リスニングの鍵はシラブルとビート- ちなみに著者の上川 一秋さんのブログは http://www.nippondream.com/ You-Tubeでの動画はこちらで見れます。  どうやら「Sampa4626」という方が著者に代わって動画のUpや管理をされているようです。 http://www.youtube.com/watch?v=pTLdrxm2oCA 人気ブログランキングへ

喉の使い方のビデオ

最近は喉の使い方の練習のため、これらの動画を良く見ます。 効果があるかどうか不明ですけど[晴れ] 喉を下げる練習 ソニック・ボイストレーニング・スクール http://www.youtube.com/watch?v=6cpMzlLrbiw&feature=related 低音域での声帯閉鎖のトレーニング http://www.youtube.com/watch?v=ysZAiV2cjzU&feature=related いろいろボイトレの動画があるもんですね。 ついでにビブラートの練習もしてしまいました〜 人気ブログランキングへ

Amazonに「英語喉」のレビューを書きました。

Amazonに「英語喉」のレビューを書きました。 英語喉開始1日目のブログをベースに書いたのですが、ちょっと長くなってしましました。 文章が長すぎるのでいったいどれだけの人が「参考になった」を押してくれるかちょっと不安です。 レビューの評価は なんと ☆☆☆☆☆ を付けさせていただきました!! Amazonに行きましたがまだ見れません、反映されるまで少し時間がかかるようです。 下記が記載の内容です。基本的には「英語喉」に肯定的な内容を書きました。そりゃそうだ星5つですから・・・ 「これまである程度英語の発音に時間を使ってきた人であれば、英語喉デビューして損なしです」 初めてレビューというのを書きました。この本に関して一体何が真実で何が真実でないかを書きたくなったからです。すでに多くのレビューがありますので違った視点で私のこれまでの体験を含めて書くことにしました。 これまである程度英語の発音を学んだこともあったした、本屋さんでいろいろ発音関連の本を手に取ってみてもどれも口の形と舌の動きを解説する従来の学習書ばかりでどの本も購入する気は起きませんでした。  たまたま書店で手に取った英語喉ですが、あまりピンとくるものはなかったのですが、なぜか詳しく中もみることなく購入しました。喉での発音が強調されており他の本とは違っていたので何か少しでもプラスになることが書いてあることは期待していました。 著者の述べているゲップエリア、アクビエリアというのも読んですぐ理解できました。  ただし、説明がそれほど分かりやすいという訳ではないので発音をこれまで練習したことない人には分からないかもしれないです。著者の説明が良くないところもあるかもしれませんが、文章イラストで説明することはやはり難しいことだと思います。分からない人にはどうやってもピンとこない可能性があり、そうしたところがレビューの評価が大きく分かれることにつながっていると推測されます。 一部音声学関連の人による低評価があります(2チャンネルに人間関係が書かれています)が、音声学的に正しいとか正しくないとはどうでも良いことです、私は自分の英語の発音が上達し英語力全体が向上すればそれで良いのだから。   本だけで理解できない場合は著者のブログを読むことお勧めします、またYou Tubeでは著者本人が解説をしている動画もあります。    私は英語喉をお勧めします。その人の英語レベルによっては役に立たない可能性だってあるかもしれませんが、この程度の金額を惜しんでいては何もできません。今は分からなくても後に発音に関して学んだ後に読み返すと内容に共感できるやもしれません。 ここでこれまでの英語の発音に関する私のバックボーンを書きます。 ====================忙しい方はこの部分は飛ばして呼んでください==================== もうずいぶん前ですがジングルズに習いに行ったこともあります、そこではスコア86からスタートして88で止めました。 ジングルズではスコア90をネーティブレベルとしています。ネーティブでも完璧ではないと意味で100ではないようです。ネイティブのアナウンサーとか特別な訓練を受けた人は90以上という話でした。 スコア88はドイツ人レベルという位置づけになっていました。ただし、それは決められた特定の文章を読み、舌・口の筋肉の発達、使い方で判定しているので決してドイツ人同等に発音できるというわけではありませんでした。ただし、個々の子音、母音は意識すれば全て発音できるようになりました。Rの発音は体験でジングルズに行ったその日にできるようになりました。この時の体験からやり方が分かればその場で一瞬にして正しい発音が出来ることを学びました。 ジングルズで個々の音を出す(特に子音)為に口周りの筋肉を鍛えました、それで確かに英語の響きが出せました。英語を聞けば舌で英語を感じることが出来ました。ただしそれは映画の中での決め台詞など魂のこもった非常に強調した感じで話されているときだけでした。それもそのはず、私は発音記号を調べれはその単語は多少それっぽく発音できましたが、文章になると全くだったからです。 ここでまたジングルズの説明になってしまいますが、ジングルズは課題文を思いっきり口回りの筋肉を使って音読します。なぜなら筋肉の強化を目的だからです。課題文では筋肉を鍛え、通常の会話では普通に話すという決まりでした。理屈としては筋力が鍛えられていれば普通に話しても特に意識することなく子音がちゃんと強く発音されるから問題ないということでした。(もちろん母音に関しても教えて貰えますよ) 上記に書いたとおり、ある一定の上達はありました。でも文章が全くネーティブっぽく読めないんです。もごもご行っている英語が聞き取れないんです。ジングルスで文章での発音の指導もありました、リエゾンも練習しました、でもうまく出来ませんでした。個々の音を出すことに関しては教授法がしっかりしていましたが文章の場合にはそれほどしっかりした教授法が確立されていないと感じました。少なくとも私には伝わらなかった。 ======================================================================== ここでやっと本題の英語喉に戻ります。 そうした体験から正しい方法であれば発音はすぐに変えられるということは分かっていました。英語喉を読んでこれだと思いました。喉で発音はすぐに出来ました。息を吸いながら声をだすこともできました。Rの発音が元々出来ていたので喉で発音という概念がすぐに理解できたからです。(Rを出すのに舌の動きは無関係だと分かっていました、多少つられて自然と舌は動きましたがけっして巻き舌になどすることはありませんでした。) 喉で発音することで非常に文章を読みやすくなりました。口がリラックスしているからです。これまではガチガチに口、舌に力が入っていたためスムーズに文を読めなかったのです。喉から息を出したまま、口をリラックスした状態で動かすことでリエゾンなどもずいぶん自然になりました。 がっつり練習して3日目くらいにこれまでになく英語が非常に聞き取れる感じがしました。英語喉ありがとう!と思いました。これは喉で発音することで正しく早く文章を読めるようになった効果かな?と思いました。 しかし、その2日後にその魔法は解けました。 あのときはあんなに聞き取れるような気がしたのに、聞き取り能力が元に戻ったように感じました。 なぜかは分かりません、慣れてしまって感動が無くなったのか、発音練習直後のみ聞き取り能力がUPしていたのかは今も分かりません。 英語喉は   「喉で発音するということ」 と 「シラブルの理解と3ビートを感じる」 ことが2本の大きな柱です。 発音もリスニングも改善が見られましたが問題があります。私は3ビートを感じないのです。 ABCニュースなどのアナウンサーを聞くときは3ビートは分かります、ただしネーティブの普通の会話や映画の中での普通の自然な会話には3ビートを感じないのです。 これが私の残された課題となっています。ニュースでは語彙も難しいものもあるし、内容になじみのないものも多いので意味は分からない箇所が多いですが、音としてはほぼ聞き取れいます。映画の会話は音としてもまったく捕らえられていないです。3ビートがもっと身に付けばもっとリスニングが伸びるのでは期待しています。 同じ著者の「機関銃英語が聞き取れる」も購入しました。 こちらは私にとって有益だったものは限定的でした。それでもS、TH、Vの発音は参考になりました。どれも音としてはちゃんと出せていましたが喉で発音することでスムーズに発音しやすくなりました。 なんでもモノを学ぶにはお金がかかります。学生ではなく大人ではなおさらです。 お金より時間が大切です。2400円程度のお金で何かすこしでも得るものあれば買いでしょう。 リンクに表示されるテキスト 人気ブログランキングへ

英語喉開始から3週間 その2

3週間目の音声つづきです。 この11/8(日)はかなり時間を掛けて練習したので音声データが多数あります。 これでこれまで録音したものをUpし終えて実時間に追いつきました。 ・テーマなし Memo 2009.11.08 21_05_48.mp3 ・テーマなし Memo 2009.11.08 21_19_54.mp3 ・口はリラックス心がけて(?) Memo 2009.11.08 21_21_37.mp3 ・もっとカタイ声を目指して Memo 2009.11.08 21_32_35.mp3 日本語っぽく聞こえるのは、余分な母音が入っているからであろうか? しばらく英語喉に時間を使ってきたので、他のAmerican Accent Trainingにも時間を割いていこうと思う。 American Accent Training リスニングにももっと時間を掛けるつもり、元々英語の発音訓練はリスニングUpが最終目標なのだから・・・ 単語レベルですら自分の思っている音と実際の音に開きがある、少しずつギャップを埋めていく必要がありそうです。3ビートがまだ・・・・です。アナウンサーのときは3ビート感じられるんだけど、自然な会話では感じないし、なんか英語の音の波に乗れていない気がしてしまう。 人気ブログランキングへ

英語喉開始から3週間

英語喉開始から3週間たったときの録音です(11/8録音) ・ネイティブになったつもりで Memo 2009.11.08 17_57_33.mp3 ・ちょっと口がだらしない感じで Memo 2009.11.08 18_57_29.mp3 ・ワルになったつもりで Memo 2009.11.08 19_01_16.mp3 ・少しワル Memo 2009.11.08 19_04_02.mp3 ・テーマなし Memo 2009.11.08 19_50_38.mp3 人気ブログランキングへ

英語喉開始から半月のBento Box

英語喉開始から半月のBento Boxです。(11/1の録音です) (まとめて録音したものを順次UPしていっています。) Memo 2009.11.01 00_51_48.mp3 ・低い声にのみ重点を置いて発音した Memo 2009.11.01 11_20_50.mp3 ・母音が目立ち日本人っぽいので、少し早めにしゃべってみた Memo 2009.11.01 12_39_32.mp3 人気ブログランキングへ

英語喉開始から16日目

英語喉開始から16日目のBento Boxです。(10/29の録音です) (まとめて録音したものを順次UPしていっています。) Memo 2009.10.29 00_58_24.mp3 人気ブログランキングへ

英語喉5日目のBento Boxと10日目のBento Box

英語喉開始から5日目のBento Boxと10日目のBento Boxです。 第5日目音声 Memo 2009.10.18 22_52_05.mp3 第10日目音声 Memo 2009.10.23 00_19_01.mp3 人気ブログランキングへ

英語喉 学習開始

2009年の10/13に本屋さんで「英語喉」に出会いました。 これまである程度英語の発音を学んだこともあったし、本屋さんでいろいろ発音関連の本を手に取ってみてもどれも口の形と舌の動きを解説する従来の学習書ばかりで購入する気は起きませんでした。  たまたま手に取った英語喉ですが、あまりピンとくるものはなかったのですが、もう家に帰ろうとしていたので詳しく中もみることなく購入しました。喉での発音は強調されており他の本とは違っていたので何か少しでもプラスになることが書いてあることを期待はしました。 著者の述べているゲップエリア、アクビエリアというのも読んですぐ理解できました。 (ただし、説明がそれほど分かりやすいという訳ではないので発音をこれまで練習したことない人には分からないかもしれないです。) もうずいぶん前ですがジングルズに習いに行ったこともあります、そこではスコア86からスタートして88で止めました。 ジングルズではスコア90をネーティブレベルとしています。ネーティブでも完璧ではないと意味で100ではないようです。ネイティブのアナウンサーとか特別な訓練を受けた人は90以上という話でした。 スコア88はドイツ人レベルという位置づけになっていました。ただし、それは決められた特定の文章を読み、舌・口の筋肉の発達、使い方で判定しているので決してドイツ人同等に発音できるというわけではありませんでした。ただし、個々の子音、母音は意識すれば全て発音できるようになりました。Rの発音は体験でジングルズに行ったその日にできるようになりました。この時の体験からやり方が分かればその場で一瞬にして正しい発音が出来ることを学びました。 ジングルズで個々の音を出す(特に子音)為に口周りの筋肉を鍛えました、それで確かに英語の響きが出せました。英語を聞けば舌で英語を感じることが出来ました。ただしそれは映画の中での決め台詞など魂のこもった非常に強調した感じで話されているときだけでした。それもそのはず、私は発音記号を調べれはその単語は多少それっぽく発音できましたが、文章になると全くだったからです。 ここでまたジングルズの説明になってしまいますが、ジングルズは課題文を思いっきり口回りの筋肉を使って音読します。なぜなら筋肉の強化を目的だからです。課題文では筋肉を鍛え、通常の会話では普通に話すという決まりでした。理屈としては筋力が鍛えられていれば普通に話しても特に意識することなく子音がちゃんと強く発音されるから問題ないということでした。(もちろん母音に関しても教えて貰えますよ) 上記に書いたとおり、ある一定の上達はありました。でも文章が全くネーティブっぽく読めないんです。もごもご行っている英語が聞き取れないんです。ジングルスで文章での発音の指導もありました、リエゾンも練習しました、でもうまく出来ませんでした。個々の音を出すことに関しては教授法がしっかりしていましたが文章の場合にはそれほどしっかりした教授法が確立されていないと感じました。少なくとも私には伝わらなかった。 ここでやっと本題の英語喉に戻ります。 そうした体験から正しい方法であれば発音はすぐに変えられるということは分かっていました。英語喉を読んでこれだと思いました。喉で発音はすぐに出来ました。息を吸いながら声をだすこともできました。Rの発音が元々出来ていたので喉で発音という概念がすぐに理解できたからです。(Rを出すのに舌の動きは無関係だと分かっていました、多少つられて自然と舌は動きましたがけっして巻き舌になどすることはありませんでした。) 喉で発音することで非常に文章を読みやすくなりました。口がリラックスしているからです。これまではガチガチに口、舌に力が入っていたためスムーズに文を読めなかったのです。喉から息を出したまま、口をリラックスした状態で動かすことでリエゾンなどもずいぶん自然になりました。 がっつり練習して3日目くらいにこれまでになく英語が非常に聞き取れる感じがしました。英語喉ありがとう!と思いました。これは喉で発音することで正しく早く文章を読めるようになった効果かな?と思いました。 しかし、その2日後にその魔法は解けました。 あのときはあんなに聞き取れるような気がしたのに、聞き取り能力が元に戻ったように感じました。 なぜかは分かりません、慣れてしまって感動が無くなったのか、発音練習直後のみ聞き取り能力がUPしていたのかは今も分かりません。 英語喉は   「喉で発音するということ」 と 「シラブルの理解と3ビートを感じる」 ことが2本の大きな柱です。 発音もリスニングも改善が見られましたが問題があります。私は3ビートを感じないのです。 ABCニュースなどのアナウンサーを聞くときは3ビートは分かります、ただしネーティブの普通の会話や映画の中での普通の自然な会話には3ビートを感じないのです。 これが私の残された課題となっています。ニュースでは語彙も難しいものもあるし、内容になじみのないものも多いので意味は分からない箇所が多いですが、音としてはほぼ聞き取れいます。映画の会話は音としてもまったく捕らえられていないです。3ビートがもっと身に付けばもっとリスニングが伸びるのでは期待しています。 同じ著者の「機関銃英語が聞き取れる」も購入しました。 こちらは私にとって有益だったものは限定的でした。それでもS、TH、Vの発音は参考になりました。 どれも音としてはちゃんと出せていましたが喉で発音することでスムーズに発音しやすくなりました。 なんでもモノを学ぶにはお金がかかります。学生ではなく大人ではなおさらです。 お金より時間が大切です。2400円程度のお金で何かすこしでも得るものあれば買いでしょう。  「英語喉」              : ¥2400  「機関銃英語が聞き取れる!」 : ¥1500 まずは英語喉の課題文Bento Boxの音声をUpします。 英語喉の練習前です、1回目の音読です。発音以前に読み間違ってます・・・(汗) Memo 2009.10.14 06_58_23.mp3 順にその後の音声もUPします。 人気ブログランキングへ

英語書籍

プロフィール

ryogon

Author:ryogon
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。